2018年W杯に向けた強化試合として、サッカー日本代表は3月23日(金)に仮想セネガルを想定し、マリ代表と対戦します。

マリはW杯予選で敗退していますが、ハリルホジッチ監督でのアフリカ勢との対戦は2015年3月のチュニジア戦以来となるので楽しみですね。

ですが、マリ戦は日本代表にとってアウェーで戦うことになるため、その放送時間が気になると思います。

 

そこでこちらでは、

  • サッカー日本代表のメンバー一覧
  • マリ代表のメンバー一覧
  • 日本対マリの対戦成績
  • マリ戦キックオフの日本時間やテレビ放送予定

以上をお伝えしていきます。

サッカー日本代表のメンバー一覧

日本代表 最新FIFAランク:55位(アジア3位)

▼監督
ヴァイッド・ハリルホジッチ

▼GK
1川島永嗣/メス(フランス)
12東口順昭/ガンバ大阪
23中村航輔/柏レイソル

▼DF
5長友佑都/ガラタサライSK(トルコ)
21酒井高徳/ハンブルガーSV(ドイツ)
20槙野智章/浦和レッズ
6森重真人/FC東京
2宇賀神友弥/浦和レッズ
19車屋紳太郎/川崎フロンターレ
3昌子源/鹿島アントラーズ
22植田直通/鹿島アントラーズ
24遠藤航/浦和レッズ

▼MF
17長谷部誠/フランクフルト(ドイツ)
16山口蛍/セレッソ大阪
10森岡亮太/RSCアンデルレヒト(ベルギー)
7柴咲岳/ヘタフェCF(スペイン)

▼FW
4本田圭佑/CFパチューカ(メキシコ)
13小林悠/川崎フロンターレ
15大迫勇也/ケルン(ドイツ)
8原口元気/デュッセルドルフ(ドイツ)
11宇佐美貴史/デュッセルドルフ(ドイツ)
9杉本健勇/セレッソ大阪
14久保裕也/ヘント(ベルギー)
18中島翔哉/ポルティモネンセ(ポルトガル)※初招集

 

アジアでのFIFAランクはイランの33位、オーストラリアの37位に次ぐ55位で三番手に位置しています。

初招集は中島翔哉選手で、今期23試合9ゴール5アシストと波に乗っています。

マリ代表のメンバー一覧

マリ代表 最新FIFAランク:67位(アフリカ13位)

▼監督
アラン・ジレス

▼GK
ジギ・ディアラ (スタッド・マリアン)
ママドゥ・サマサ(トロワ/FRA)
アリ・イランゴ(ディアン・レオン/FRA)

▼DF
アマリ・トラオレ(レンヌ/FRA)
シャルル・トラオレ(トロワ/FRA)
バカイ・ディバシ(アミアン/FRA)
モラ・ワゲ(ワトフォード/ENG)
ママドゥ・フォファナ /(アランヤスポル/TUR)
ファライ・サコ(ヴィトーリア・ギマランエス/POR)
アブドゥル・カリム・ダンテ(アンデルレヒト/BEL)

▼MF
ラサナ・クリバリ(アンジェ/FRA)
ディアディエ・サマセク(レッドブル・ザルツブルク/AUT)
アマドゥ・ハイダラ(レッドブル・ザルツブルク/AUT)
スレイマヌ・ディアラ(RCランス/FRA)
イヴ・ビスマ(リール/FRA)

▼FW
アダマ・ニャネ(トロワ/FRA)
アリ・マレ(ロルカ/ESP)
アダマ・トラオレ(マゼンベ/COD)
ヌア・ディッコ(ハル・シティ/ENG)
ムサ・ジェネポ(スタンダール・リエージュ/BEL)
ムサ・ドゥンビア(ロストフ/RUS)
アブドゥライ・ディアビ(FCブルッヘ/BEL)
ラサナ・エンディアイ(ギダルス)

注目選手はレッドブルに所属する南野拓実選手の同僚、ディアディエ・サマセク選手です。

昨季にてFCリーフェリンクに所属する奥川雅也選手とコンビを組んだ20歳の若手、アマドゥ・ハイダラ選手も選出されています。

日本対マリの対戦成績

日本対マリの対戦成績ですが、このカードは今回初対戦になります。

マリはW杯に出場しないので今回は若手主体で臨んでくると想定され参考になるかはわかりませんが、日本対アフリカ勢の対戦成績を調べてみました。

  • 31戦20勝7敗4分

勝率64.5%となり、勝ち越していることがわかりますね。

マリ戦キックオフの日本時間やテレビ放送予定は?

▼マリ戦

日程:2018年3月23日(金)

キックオフ時間:21時20分(日本時間)

スタジアム:リエージュ(ベルギー)

放送局:テレビ朝日系列にて生中継

おわりに

マリ戦は金曜21時キックオフとなり、視聴しやすい時間帯になっています。

マリ戦の次はウクライナと対戦しますので6月の本大会へ向けて勢いをつけてもらいたいですね。

漫画を無料で読みたい方必見!

以下のサイトへ無料登録を済ませると、600円分のポイントが即時で付与されますので、新刊1冊を無料で読むことができます。

登録後31日間は対象動画も見放題となり、料金発生はありません。

手続きは3分で終わりますので、非常におススメとなっています。

>>600円分のポイントで漫画一冊を手に入れるならこちら